【Bizmates体験談002】相手との信頼関係を構築する自己紹介|ビジネス英会話習得への道

perao_03こんにちは。ペラオです。
ペラオのビジネスイングリッシュ学習日記では、オンライン英会話のBizmatesに入会し、ビジネス英語を学ぶ過程を記していきたいと思います。

前回の【Lesson001】Bizmatesのトライアルレッスンを受けてみました!では、自己紹介、会社や業務内容の紹介を通して、どのように相手とスムーズに会話をし、好印象を与えられるかを学びました。

これからは、更に私が関わるセールスやマーケティング、外国人との部下や上司への説明や説得、クライアントとの交渉等、具体的なシチュエーションを想定したレッスンを受けていきたいと思います。
この記事に、ビジネス英語とはなんぞや!と理解する為のヒントが盛り込まれているので、参考になりますと幸いです。

講師の選定基準

講師の選定基準は顔…ではなく、ビジネス英会話を学ぶという事で、これまでどういった仕事に就いてきたかや大学でどういった分野を専攻していたかをプロフィールを確認して、自分の職種や役割と親和性のある講師を選ぶようにしています。

これは、特にマーケティングやセールスでは独特の表現や言い回しも有るため、そのあたりを中心に吸収していきたいと考えたからです。

そんなわけで、選んだ講師は、Kath先生!!

bizmates-kath

その他の講師の選定基準としては、英語の聞き取り易さを見ています。講師一覧ページで各講師の声も事前に聞く事が出来るのでレッスンを受ける前、相手のビジネスバックグラウンドと声はチェックしておきましょう!(やっぱ、顔じゃないか!と思われた方、正解です。)

この後、緊急事態が発生!

なんと、Kath先生の都合が悪くなってしまい、

代わりにEllen先生が授業をしてくれることになりました。

bizmates-ellen

まあ、Ellen先生の英語も聞き取り易かったので、特に授業に支障は無いのでOKです!

レッスン内容:ビジネス英会話での自己紹介

Bizmatesの第二回のレッスンは、Introducing yourselfというトピックでした。

自己紹介を行う時にフォーマルな英語と日常会話ではどのような差が有るのでしょうか?
(少し、考えてみてください・・・)

下記は、日常会話の内容です。

bizmates-introducingyourself002

友人関係やインフォーマルな状況であれば、これでもOKです!

ただ、ビジネス等のフォーマルな場では、これでは相手との信頼関係は構築されにくいでしょう。

何故だかわかりますか?

 

それでは、Biz tip(ビジネスの場で気を付けるポイント)を見てみましょう。
1.フォーマルな場では、自分のFirst Nameだけでなく、きちんとLast Nameも伝え、フルネームを覚えて貰う。
2.逆に、インフォーマルな状況では、First NameだけでOK
3.相手が名前を言ったら、返事をする際に相手の名前をリピートするようにする。

これにより、相手に対し、あなたの氏名(フルネーム)を伝える事が出来ると共に、相手にあなたの名前を把握しているという事を印象付ける事が出来ます。

簡単な会話にするとフォーマルな場合はこんな感じ。
P : Hi My name is Perao Eigo. Nice to meet you.
J :  It’s pleasure to meet you, Mr.Eigo.
P : Please call me Perao.
J : OK. My name is Julia Roberts. Please call me Julia.
P : Nice to meet you Julia.

business_akusyuこんな短い会話の中にもビジネス英会話のエッセンスが含まれているんですね!

この他にも、相手の名前を伺った後に、 That’s a really nice name.というように相手の名前を褒めたり、自己紹介をしながら握手をする等、小さなアクションを起こす事で、何も意識していない時と比べ、相手に良い印象を与えられます。

あ、上司の名前を褒めるのはどうかと説明したところ、Respcetの思いを込めて褒めるのであれば、良いけど、基本的に目上の人には、あまり「良い名前ですね」と言ったような表現は使わない方が良いかもしれません。

こういった些細な相手への配慮の積み重ねで、印象が変わってくるというのは驚きですね!

lesson2-feedback-bizmates

【先生からのフォードバック】
こんにちは!良い形でレッスンに入れましたね。Biztipを活用していて、とても良く出来ていたと思います。
enthusiasms (熱意)を持って、レッスンに取り組んでくれた事に感謝するわ。また、レッスンでお会いするのを楽しみにしてますね。

今日のビジネス英会話一歩前進!!

自己紹介のように、既に出来ていると思われるシチュエーションでも意外と出来ていない事、知らない事が多かったです。

日常会話とビジネス英会話の違いを知るだけで、明日から意識的に好印象を与えられるようになると感じました。

また、相手の名前をリピートしたり、軽く褒める事で相手との距離をグッと近づけるテクニックも知る事が出来たので、これからビジネスの場で活用する事で自分のモノにしていきたいと思います。

ホント、ビジネスイングリッシュというのは、細かなポイントを知っているか、知っていないかの違いだなと感じます。日々、レッスンを受けながら、ビジネス英会話を習得していければと思います。次回は、自分の出身地について相手に伝える際のビジネス英会話です!

今、意識の高いビジネスマンに選ばれているオンライン英会話はBizmates!

日常会話とビジネス英会話の違いを各シチュエーション毎に理解する事で、英語力だけでなくビジネスマンとしての価値向上に繋がります。

ビジネス英会話専門のBizmates(ビズメイツ)で無料体験レッスンをしてみる!


コメントを残す

サブコンテンツ

ページ上部へ移動