海外留学していていて、日本の商品が欲しい時に使える転送サービスがいいね!

留学あるあるなのですが、海外に長く滞在していると日本食や日本のグッズ、漫画等が欲しくなります。私も、イギリス留学時にロンドンで暮らしていて、だんだんワンピースがどこまで進んだのか物凄く気になり、ジャンプが異様に読みたくなった事があります。

ロンドンの場合、ピカデリーサーカスという駅(日本で言う新宿みたいなところ)にジャパンセンターとロンドン三越というのが有り、日本の食品や書籍等を若干割高ですが購入する事が出来ました。(当時、ロンドンでは少年ジャンプが・・・4ポンド=800円くらいでした。)ちなみにお米も売っています。

japan-center

イギリス英語なので、CenterがCentreとなっていますね ↑

ムムム…ジャパンセンターで手に入らないアレが欲しい…

bapeジャパンセンターやロンドン三越があり、雑誌や漫画、小説等は手に入るものの、やはり限界があります。そこで、登場するのが転送サービスです。日本のAmazonや楽天オークション、楽天ショップ、Yahoo!オークション、国内のECショップ等で商品を購入するとなると、多くのお店が国内配送のみになってしまいます。

例えば、日本限定のG-shockが欲しいと思っても、直接、買う事は出来ません。


そんな、留学中でどうしても日本のモノが欲しいー!ホシイー!ほしいー!
となっているあなたにぴったりのサービスが転送サービスです。

転送サービスとは

転送サービスとは、あなたの代わりに日本のECサイトから、商品を受け取って、その商品をあなたの下へ届けてくれる(配送代行)をしてくれるサービスです。これが、あれば海外では手に入らない商品が買えちゃいます!

tenso

画像参照元:転送コム

ECサイトで商品を購入する際に、お届け先を転送サービス業者さんの住所にするという事ですね。また、事前に登録する必要があるので、ご注意ください。

こんな人にオススメ

・海外在住の日本人
・海外在住だけど日本のオークションやショッピングを楽しみたい人
・海外在住で日本語がちょっと読める外国人
・日本のECサイトからレアな商品が買いたい外国人 等々…です。

これから、あなたが海外に留学やワーキングホリデーに行っていて、どうしても日本のモノが欲しくなった際に、転送サービスを是非、使ってみてください。転送サービスはテンソーコムというサイトを見ると良いと思います。ただ、英語を上達させるには日本語の書籍や漫画、映像等は海外にいるときは、あまり見ない方が良いんですけどね(汗) 尚、留学する前に少しでも英語を話せるようにしておくと、留学先での英語の伸び方が全然変わってきますよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

ページ上部へ移動