【朝活】英語を学ぶなら朝が一番!? 脳の活性化の秘訣

早朝に起きて、1日の大半の仕事をこなしてしまうという、今話題の【朝活】をご存知でしょうか?職場に始業時間よりも1時間早くに来て、書類の整理やメールの返信をすると、驚くように仕事が捗る事から、
デキルビジネスマンの中では朝活が常識です。電話もならないですし、作業中に同僚に話しかけられる事もないですからね。

朝は脳が活性化された時間帯

brain朝は、その他の時間と比べて神経伝達物質の「ドーパミン」と「アドレナリン」の働きが活性化されています。これは、睡眠により蓄積されたやる気を生み出す作用のある成分のドーパミンが脳の前頭葉から放出され、記憶や認知機能を司る、脳の中心神経が強まると言われています。

つまり、よく寝るとやる気が出るわけですね。

また、ドーパミンは、快感物質とも言われ、脳が気持ち良いと感じるときは、ドーパミンが大量に分泌されます。その為、ドーパミンが大量に放出されている朝に勉強する事で効率・効果がとても高くなります。

試しに、朝、オンライン英会話のレッスンを受けてみたので、こちらの体験記も参考にしてみてください。
【Lesson005】英語で事業内容を説明しよう|ビジネス英会話習得への道

日常、英語に触れる機会のない人も1か月で単語を100個覚えるぞ!と目標を掲げて、達成されたときには、充実感からドーパミンが放出され、更に記憶力が高まると言ったようなイメージです。

また、朝は覚醒作用のあるアドレナリンも同時に分泌されます。一種の興奮状態になり、脳の働きが活性化され、勉強仕事がとても捗るわけですね。

朝活英語するなら何処の英会話?

genki-perao

さて、だんだん朝活したくなってきたそこのあなた!どうしたら効率よく英語学習が出来ると思われていませんか?
朝活に向いた英語学習方法は、オンライン英会話です。

会話というのは、シンプルなようで脳を物凄く使います。脳が活性化されている時に濃密な英語時間を過ごす事で、脳が疲れてしまっている夜と比べ、吸収力が大きく違います。また、夜と比べて予定が入る事が無い為、続けられるのがポイントですね。

朝、いつもより1時間早く起きてドーパミンが出ている状態で25分間の英会話レッスンを受ければ、活性化された脳に生きたネイティブの英語が染み込んでいきます。その日に学んだフレーズや単語を電車の中で復習すれば合間時間を使って英語力を伸ばす事も可能ですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

ページ上部へ移動