オバマが訪れた寿司屋次郎は○○。 hefty price tagの意味

先日、オバマ大統領が訪れた際に訪れた、銀座の高級寿司料理店次郎の紹介のされ方が面白いです!

a_560x375

mainichi
MAINICHI.jpでは、

TOKYO (AP) — President Barack Obama opened a trip to Japan Wednesday with a close-up look at the art of sushi making at a tiny Tokyo restaurant with hard-to-come-by reservations and a hefty price tag.

今週の水曜、アメリカ大統領バラクオバマ氏が来日されました。東京銀座にある、予約が困難でべらぼうに高い、小さな高級寿司料理屋に訪れたことが取り挙げられた!

この記事で使われた”a hefty price tag”というのは、とても高級とか高いものを表す時に使う表現です。
It was so expensive!というような表現だけでなく、上記のようなhefty price tagなんかを使うと更に高級だという様子が伝わりますね。

“It comes with a big price tag.”という風にも言います。

その他、GRUB STREETでは、

grub-street

sushi-jirou

ライズ外交政策顧問、ケネディ駐日大使、オバマ大統領、阿部首相の4人は、すきやばし次郎に訪れました。小野次郎さんが握るすきやばし次郎は、世界で最も予約困難な最高のお寿司屋さんとして知られております。小野次郎さんは、2011年のドキュメンタリー映画次郎は寿司の夢を見るでも知られています…

なるほど・・・すきやばし次郎は世界的に知られている寿司屋で、映画にもなったんですね!

英語でこのお寿司屋さんがどのように書かれているかを見ると、とても敬意が払われているのが伝わってきますね!

もし、すきや次郎のように高級料理店に行く事がありましたら、

“It comes with a hefty price tag.“を使ってみてください!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

ページ上部へ移動