【お会計時に使える英語フレーズ】 It’s on me

レストランのお会計時にさっと財布を出し、スマートに支払いを済ませ、

   It’s on me!
(ここは、僕が支払うよ!)

と軽く言いましょう。

 

It’s on meとは?

buisnessman_money_niyakeこのIt’s on meの on は、The payment duty is on me.という意味で、「私が支払いましょう!」というような意味合いで使われます。
やはり、男性たるもの、女性にお金をださせてばかりはいられません。ちょっとカッコつけたい時やそんなに高くないお会計でまとめて払って、奢っても良い時はIt’s on meを使ってください。

同じ意味の別の表現で
It’s my treat.
I’ll treat you for it.

Let me pay for all this
(ここは、僕に支払わせてください。)というような丁寧な言い回しも有ります。

It’s on meを使った例文

A: “Let’s have dinner at the Mac”
(マックで夕飯でも食べようぜ!)
B: “Sorry, I can’t afford that.”
(ごめん。今日、持ち合わせがないんだ。)
A: “Oh, it’s on me.”
(あぁ、奢るよ!)
B: “OK, sounds great. Thank you”
(おぉ!いいね。ありがとう ^^ )

  スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

ページ上部へ移動