【気分転換を促す時に使えるフレーズ】外の新鮮な空気でも吸いに行こうか? Let’s get some fresh air!

Let’s get some fresh airの使い方

以前、話題になった映画の英国王のスピーチ(2010)で

Lionel: Let’s get some air.
(ライオネル:外に出よう。)

というフレーズが使われております。この時は、ライオネルが頭に血が上っているジョージ6世に、【一度、外の空気を吸って頭を冷やそう】と声をかける際のフレーズです。

【あらすじ】
国民に慕われた英国王ジョージ6世が、妻や専門家の支えで吃音(きつおん)を克服していく姿を描く。治療が進まない吃音に悩むジョージ6世は、ある時、ス ピーチ矯正の専門家ライオネルの独特な治療を試すことに。しかしそんな中、恋愛のために兄エドワード8世が王位を捨てたことによって、内向的な性格の彼が 望まぬ王位を継承することになり……

パーティーや会議等で空気が重くなってしまったり、アイディアが煮詰まってしまっていて、一度空気を換えたいときに使えるフレーズです。あとは、普通に部屋の空気が籠っている時に窓を開けて空気を入れ替えよう!というようなときにも使えます。

 

open_close_window

その他、クラブで外国人の女の子と仲良くなった時にさりげなく使ったりす事も出来ます。

ちなみに、私も一回だけロンドンのクラブで使った事があります。その時は、なんとか外に連れ出せて、FreshなAirを吸う事が出来ました。あ、チャラ男ではなく、僕の名前はペラオですよ。

クラブで使う時は、ある程度仲良くなって、盛り上がって、カラオケに行こう!とかバーに行こう!という空気になっている時、または、二人だけで抜け出さない?という旨を伝える時に使いましょう。

英語勉強で頭がいっぱいになってしまったら、一度、外に出て新鮮な空気を吸って頭を切り替えて見てください!

Let’s get some fresh air!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

ページ上部へ移動