知っておきたい年末年始に使える英語フレーズ

gashi_kingasinnen

あなたは、新年の抱負を英語でなんと言うかご存知ですか?この表現は日本だけの言葉ではなく、英語でもあります。また、他にも年末年始で使える英語フレーズはたくさんあります。ここで英語表現を学んで、早速、新年に使ってみましょう!

年末に使える英語フレーズ

年末
the end [close] of the year

大晦日
New Year’s Eve.

ボクシング・デー(英国で使われる年末セールの時に使われる表現)
Boxing day
12月26日は、イギリス・スコットランド・オーストラリア・ニュージーランド・カナダなどの各国で、”Boxing Day”(ボクシング・デー)と呼ばれる休日です。この日はに年に1度の大売り出しが行われます。由来としては、25日のクリスマスも主人に仕えなければならない召使の為に、翌日の26日に家族と過ごすことを許すと共に、主人から召使へギフト(ボックス)が与えられた事から等、諸説があります、

良い週末を!良いお年を!
Have a nice holiday! Happy new year.

boxingday

新年に使えるフレーズ

あけましておめでとう!
Happy New Year!

幸福でとても良い年になりますように
May 2014 be a happy and great year for you.

<質問>あなたの新年の抱負は?
What is your New Year’s Resolution?

<回答>私の新年の抱負は・・・
My New Year’s resolution is to ~(動詞)

アメリカにはお正月休みが無いのをご存知ですか?

statue_of_liberty

日本人は、年末のギリギリまで仕事をするのに対し、アメリカ人はクリスマスを家族と過ごす為に12月20日頃から休みだす人が多いです。私の同僚のアメリカ人達もNYに帰るから…ロスに戻って家族と過ごすから・・・と12月20日頃から休み始めており、クリスマス前までに自国に戻れるようにしていました。

その分、彼らにはお正月休みが無いため、早い人ですと1月2日から働きます。私の会社でも、この習慣を踏まえ、外国人スタッフだけ早く休む代わりに、年始早々から働けるような制度に変えました。ちなみに、中華系のスタッフの場合1月の新年ではなく、2月の旧正月を祝う傾向にあります。

そういった習慣が根付いている為か、海外との取引の多い会社の場合、年末に入るとビジネスが機能しなくなることが多いです。特に、外資系企業の部長クラスになると平気で3週間くらいのバケーションを取ったりします。そういった感覚は日本人の私には、無いのである意味羨ましいですけどね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

ページ上部へ移動